JF福島漁連が「福島県漁業の今と試食会」を開催、「常磐もの」の魅力をPR

JF福島漁連は4月8日(土)、都内の「築地魚河岸」のイベントスペースで、「のぞいて、食べて、福島県漁業を知ろう 福島県漁業の今と試食会」を開催しました。
11回目となる今回は、福島県産の魚の安全性を紹介するパネル展示のほか、福島の前浜で獲れたカツオ、ヒラメ、ヤナギダコを使った料理が無料で振るまわれ、福島県産品の美味しさと品質の良さをPRしました。

あいさつするJF福島漁連の鈴木専務

試食会は、JF福島漁連の鈴木哲二専務が「この取り組みは福島県産水産物を多くの皆さまに知っていただき、風評を払しょくするために開催している。今後も活動を続け、消費を促していきたい」とあいさつし、スタートしました。

海外からの観光客をはじめ、多くの人が来場しました

試食会で振るまわれた料理は「カツオの焼き浸し」、「ヒラメの刺し身」、「ヤナギダコのタコ飯」の3品。それぞれ約1,000食分が用意され、海外からの観光客をはじめ、多くの来場者が福島県産の魚の美味しさに舌鼓を打ちました。
このうち「カツオの焼き浸し」は、いわき市小名浜の郷土料理で、JF福島漁連が加工品として2022年から販売しています。
また、イベントが行われた「築地魚河岸」の1階の店舗では、試食会で振る舞われたヒラメとヤナギダコ、「カツオの焼き浸し」が販売されました。

Sakanadia関連記事
三陸・常磐の海産物の魅力をPR、東京ドームでキャンペーン開催
JF福島漁連、YouTubeチャンネルを公開中!福島県の漁業やお魚の安全性などをPR

  • JF全漁連編集部

    漁師の団体JF(漁業協同組合)の全国組織として、日本各地のかっこいい漁師、漁村で働く人々、美味しいお魚を皆様にご紹介します。 地域産業としての成功事例や、地域リーダーの言葉から、ビジネスにも役立つ話題も提供します。 SakanadiaFacebook

    このライターの記事をもっと読む

関連記事

JF北海道ぎょれん、学研「まんがでよくわかるシリーズ」の 『ほたてのひみつ』『こんぶのひみつ』『秋さけのひみつ』を 全国の小学校など約2万5600ヵ所に寄贈

この情報は、北海道漁業協同組合連合会(JF北海道ぎょれん)からの提供です。 *    *    * JF北海道ぎょれんは、株式会社学研プラスの小学生向け学習教材「まんがでよくわかるシリーズ※1」で、『

全国の漁連・漁協