Sakanadiaについて

Sakanadiaについて

JF全漁連はJF(漁業協同組合)や漁師の取り組みを、このメディア“Sakanadia(サカナディア)”を通してより多くの人に伝えていきます。

漁業の未来を考える

漁業がより身近な存在になり、皆さまに未来の漁業を考えていただくことができるよう、このSakanadia(サカナディア)を通じて、漁師やJFの様々な情報をお伝えしていきます。

魚食の推進と文化の継承

日本には豊かな海があります。そこではさまざまな種類の美味しいお魚が捕れます。もっともっと多くの人に、もっともっと多くの魚を愉しんでもらいたいです。
栄養が豊富なことはもちろん、その1匹のお魚の背景には、さまざまなストーリーが存在します。
文化や伝統、漁師の思いを感じながら魚を愉しむ。皆さまの食卓と心が豊かになるよう、魚食のすばらしさを発信します。

漁業から地域活性化を目指して

魚が揚がり、漁師がいる港は、たくさんの関連産業が発展し、活気に満ち溢れています。地域に根差す産業として、漁業の存在を感じていただけるよう、地域を動かす浜の取り組みを発信します。

生き生きと働く漁師の姿、新鮮な魚たち、そしてそれを取り巻く人々やシーンを皆さまにお届けいたします!

編集長:JF全漁連 代表理事専務 大森敏弘
編集部:JF全漁連 総合管理部広報担当