三番瀬ホンビノス貝にイタリア・ワイン 文&写真:吉村喜彦

白い方が、ホンビノス。茶色っぽいのは、ハマグリ

ホンビノスという貝を知ったのは、一昨年の秋。
九州・糸島の牡蠣小屋で浜焼きを食べたときだった。
かたちはハマグリによく似ていたが、貝殻が白かった。食べると、ハマグリよりも身肉がかたく、大衆的なハマグリという感じがした。

訊くと、船橋で採れるという。
へえ。東京湾にそんな貝がいたんだ。ぜんぜん知らなかった。
ぜひ取材をと思い、先日、船橋の漁港を訪ねた。

*    *    *
船橋の漁港
船橋の漁港

ホンビノスの原産地は、北米大陸の大西洋側。セントローレンス湾からフロリダ半島東岸にかけて。
昔からアメリカでは人気の食材で、チャウダー・クラムとも呼ばれているそうだ。
そういえば、いちどニューヨーク・セントラルステーションの「オイスター・バー」で、名物のクラムチャウダーを食べた。

そうか。ハマグリだとばかり思っていたが、あの貝はホンビノスだったのか。シコシコした食感が印象に残っていた。

ホンビノスが東京湾で見られるようになったのは1998年頃。幕張人工海浜、京浜運河、千葉港、船橋付近と、2000年代アタマに定着が確認された。
どうも、船のバラスト水、あるいは船体に付いてやってきたようだ。
バラスト水というのは、空荷で出港する船に積まれる海水のこと。着いた港で、貨物と交替して、船外に排出される。

*    *    *
写真:船橋市提供

船橋では、2000年代はじめからホンビノス漁をやっている。
漁場は三番瀬(さんばんぜ)とその周辺。船橋漁港から30分ほどの距離。三番瀬は東京湾湾奥に唯一残された干潟である。

写真:船橋市提供
写真:船橋市提供

青潮でアサリが採れない時期に、ホンビノスがやってきたことも、生産を加速させた。
アサリとホンビノスは同じ干潟に生きているが、棲む場所は微妙に違う。
アサリは浅い砂地、ホンビノスはもう少し深い泥地。だから、食べる前に砂抜きしなくていい。その簡便さもホンビノスのメリットだった。

当初はホンビノスは東京の海にまだ馴染んでいなくて、身が硬かった。
ところが、徐々に柔らかく、美味しくなったという。
もともとホンビノスは殻をかたく閉じているが、日本に来てから、口を開くようになったそうだ。

なんだかホンビノス君は、どんどん日本化してきているのかもしれない。

*    *    *

ホンビノスの浜焼きを食べた。
醤油も何もたらさずに、ただ網で焼いただけ。ホンビノスは砂抜きせずに食べられるから、調理の手間もかからない。

プリプリッとした身肉を噛んでいると、自然の塩味がじんわり染みだしてくる。まさに、東京の海を味わう感覚だ。

串揚げもなかなかイケる。

しかし、やはり、いちばんは、クラムチャウダー。
クリーミーなスープとホンビノスの食感がじつによく合う。ハマグリではちょっと柔らかいかもしれない。

合わせるワインは、魚介類とのマリアージュに定評のあるイタリアのガヴィ。
シトラス系の香りや蜜のような香り。爽やかで、はつらつとした酸味のある味わい。
太陽の光の下で、ぐいぐい飲むのに適したワインだ。
ガヴィを飲みながら、クラムチャウダーを食べると、ああ、そこは地中海。
ホンビノスの「ビノス」はヴィーナスから取ったそうだ。
まさに東京湾のヴィーナスにめぐりあった気分である。

文&写真:吉村喜彦

  • 吉村 喜彦(よしむら のぶひこ)

    1954年大阪生まれ。京都大学教育学部卒業。サントリー宣伝部勤務を経て作家に。 著書に、小説『バー堂島』『バー・リバーサイド』『二子玉川物語』『酒の神さま』(ハルキ文庫) 『ビア・ボーイ』『こぼん』(新潮社、PHP文芸文庫)『ウイスキー・ボーイ』(PHP文芸文庫) ノンフィクションでは、『漁師になろうよ』『リキュール&スピリッツ通の本』(ともに小学館) 『マスター。ウイスキーください〜日本列島バーの旅』(コモンズ)『オキナワ海人日和』(三省堂) 『食べる、飲む、聞く 〜沖縄・美味の島』(光文社新書)『ヤポネシアちゃんぷるー』(アスペクト)など多数。 NHK-FMの人気番組「音楽遊覧飛行〜食と音楽でめぐる地球の旅」の構成・選曲・DJを長年つとめた。 現在、月刊「地域人」で全国の漁師を取材する「港町ブルース」を連載中。

    このライターの記事をもっと読む

関連記事

四倉ホッキ貝と磐城壽                  文&写真:吉村喜彦、写真:いわき市漁業協同組合(一部提供)   

 福島県いわき市は、ホッキ貝の名産地だと最近知った。  太平洋に面した四倉(よつくら)漁港で揚がるホッキ貝は絶品なのだという。  四倉では戦前から戦後にかけてホッキ貝漁が盛んにおこなわれていたそうだが

吉村 喜彦(よしむら のぶひこ)