糀で時短レシピ「土鍋ひとつで簡単!キンメとカキで糀アクアパッツア」

“クリスマス チキンもいいけど サカナもね”(今日の一句。笑)

もうすぐクリスマス!クリスマスと言えばローストチキンが人気ですが、海に囲まれた日本のハレの日の食卓には、ぜひ旬のお魚も並べたいところ。今日は、ホームパーティや年末年始の寛ぎのひと時に、お酒と味わいたい華やかなおさかな料理をご紹介します。

「和」のイメージの強い“塩糀”ですが、実は和洋折衷さまざまなお料理に活用できる万能調味料です。“塩糀”はワインと一緒に楽しみたい、こんなイタリア~ンな煮込み料理も大得意。下ごしらえと味つけを同時にこなし、簡単に美味しく仕上げてくれます。

参考:仕込5分!マイ塩こうじの作り方

アクアパッツアと言えば「アサリ」を使うのが一般的ですが、今日はシーズン突入!の「真ガキ」を使ってボリュームたっぷりの一品に。魚は手に入れやすい切り身でも、皮目が美しい「金目鯛」ならより華やかに仕上がります。とても贅沢な組み合わせですね!

忙しい母はハレの日もなかなか仕込みに時間がかけられません(笑)!

この糀アクアパッツアは、土鍋ひとつで調理してそのままテーブルへ並べられる手軽さ。そして、塩糀で下ごしらえしておけば、調理時間は約30分!仕事帰りの夜でも作れちゃうほどのスピードメニューです。

簡単&ゴージャス!ぜひ作ってみてくださいね。

準備簡単、30分調理

野菜などを切っておいて、魚介を塩糀で漬けておけばパパっと作れます。
材料をシンプルで身近なものにすることも、時短&簡単料理には大切です。

メインは脂ののった金目鯛と大粒の真ガキ

①金目鯛と真ガキはそれぞれ塩糀を全体にまぶし、漬ける。
(当日の仕込みはじめに漬けて30分ほど置くだけでもいいし、前日仕込んで冷蔵庫で一晩漬けてもいい。)

塩糀の酵素が魚介のたんぱく質をうま味に変えて、味つけも同時に。

②土鍋にオリーブ油・にんにく・唐辛子を入れ、香りが出るまで加熱してから、金目鯛を皮目から焼いて、裏返す。皮を傷つけないようやさしく扱う。
(土鍋が無ければ、フライパンでもできますよ~)

焦がさないように~

③真ガキを入れ、酒を回しかけてアルコールを飛ばす。白ワインではなく料理酒でも十分美味しい。(日本酒も糀の醸造品!)家にある調味料を使うことで、料理をもっと気軽に。

ふわっといい香り~

④ミニトマトと水を加え、蓋をして中火で7~8分ほど蒸し煮する。

途中、蓋を開けてアクを取ったり、煮汁を回しかけたりする。

⑤火を止めて、イタリアンパセリとレモンを飾ったらできあがり~。

そのまま食卓へ。
土鍋は見栄えはもちろん、保温性も◎。洗い物も少なく済むのが嬉しい!

ソースも残さず召し上がれ~!

レモンをギュッと絞っていただきます。お好みでコショウを挽いても。魚介の旨味が溶け込んだソースはパンにつけて残さず召し上がれ!

ライスも合いますよ~。

塩糀で旨味たっぷり。日本酒にも合う。

酒の肴にぴったりのにんにくと唐辛子を効かせたレシピですが、塩糀で魚介の旨味を引き出すことで、他の調味料をあれこれ加えなくても奥行きのある味わい。

手を加えなくても美味しい、日本の魚介そのものの素材の味を楽しみましょう!

このソースがたまらない~

作りやすい分量は?

材料(2~3人分)
・金目鯛切身:2切れ(約200g)
・真ガキむき身(加熱用):200g
マイ塩糀:大さじ2強(食材の重さの10%)
・ミニトマト:5~6個
・にんにく:2片
・唐辛子:2本
・イタリアンパセリ:適量
・オリーブ油:大さじ2
・日本酒:50ml
・水:50ml
・レモン:3/4個

<下処理>
*金目鯛はキッチンペーパーで軽く水気を拭く。
*真ガキは塩水でやさしく洗って水気を切る。
*ミニトマトは半分に、にんにくはみじん切りに。
*唐辛子は種を取ってちぎり、イタリアンパセリは刻む。
*レモンは大きめのクシ切りに。

魚は真鯛やスズキなどもおススメ。手に入りやすいものを使ってください。

 

日々の美味しい暮らしを発信中
Cozy Kitchen〜醸す台所〜
Facebook
Instagram

旬のお魚は「プライドフィッシュ」で確認を♪
漁師が選んだ、本当においしい魚「プライドフィッシュ」

  • 高木 佐知子(たかぎ さちこ)

    Cozy Kitchen代表・兼業料理家・糀マイスター・みそソムリエ。   通勤と3人の子育てに奔走する傍ら、“糀で時短・やさしい・美味しい”をテーマに日々料理研究しています。日本のおさかなを美味しくする糀の発酵の力は感動もの! 限られた調理時間でも、糀や発酵食品を使って無理なく楽しく作れる、働く母のリアルな「簡単おさかな料理記録」をお届けします。 今日何食べよう?明日は何作ろうかな〜と隙間時間に見て、参考にしてもらえたら嬉しいです。   【プロフィール詳細】 千葉県生まれ。農家の祖父母のもとに育ち、幼少より発酵食品に親しむ。現在は、通勤と3人の子育てに奔走する傍ら、料理研究する日々。塩糀や味噌や漬物などの自家製発酵食品を活用して、忙しい現代人でも続けられる台所仕事と気楽な食養生を実践している。コンセプトは“醸す台所”。 2017年よりCozy Kitchenの活動スタート。地元流山市を中心に、味噌・塩糀・甘酒・みりん・醤油などのワークショップ講師、飲食店の糀メニュー監修・レシピ開発、メディア取材協力等で糀の魅力を伝えている。第2回フレッシュミズ部会講師、プライドフィッシュを使った料理教室などの実績あり。旬の魚とお酒には目がない。 Cozy Kitchen〜醸す台所〜 Facebook:https://www.facebook.com/cozykitchen.jp/ Instagram:https://www.instagram.com/cozykitchen_jp/

    このライターの記事をもっと読む