糀で時短レシピ「和えるだけ!醤油糀でワンランク上の“しらすパスタ”」

“ベスト・オブ・お手軽おさかなパスタ”は「しらす」で♪

いつもはすっかりごはん党(もしくはお酒党…笑)の私ですが、なぜだか春になると無性にパスタが食べたくなります。

海の幸を使ったパスタ、最高ですよね~

なかでも、“しらすパスタ”はお手軽ナンバーワン!のおさかなパスタだなあと。

オイル系、トマト系、クリーム系、どんなパスタにも合う「しらす」だけど、本格的イタリアンのパスタを作ろうとするとコツがいり、ややハードルが高くありません?

醤油糀バターソースのしらすおろしパスタ

その点、“和風パスタ”だと、気負いなく作れちゃう!と思うのは私だけかしら…?

おうちパスタだから、創作的な家庭料理でいいよね、って(笑)。

でも、そんなお気楽和風パスタも、“醤油糀”を使うとワンランク上の味わいに。

身近な食材を使って、和えるだけ。お料理が苦手でも、ズボラさんでも(私です、笑)簡単でパパっとできる「しらすおろしパスタ」をご紹介します。

ポイントは「マイ醤油糀」を使うこと!(市販の醤油糀でもOK)

たっぷりのグルタミン酸(うま味成分)を持つ“醤油糀”はパスタのソースに使っても優秀なのです。

旬の「釜揚げしらす」をたっぷりと

これから旬を迎える「しらす」を使ったパスタは春爛漫の味わい。

今日は「釜揚げしらす」をたっぷり使います。

「釜揚げしらす」…大好きです。そのままで美味しい。ごはんにのせるだけで幸せ~。

調理しやすいから、忙しい私たちのお助け食材ですよね!冷凍保存もできるから、わが家はいつもストックしています。

丸ごと食べられるお魚は栄養的にも満点なのが嬉しい!

身近な食材で、簡単に美味しく

では、作りましょう!

材料は全部手に入れやすい食材

①具を準備しておきます。
・大根はおろして、水気を適度に絞り、少量の醤油糀(分量外)を混ぜる
・大葉は千切りにして、水にさらしてから水気を切っておく
・レモンをカット
・卵は卵黄のみ使うので、卵白と分けておく
・バターを耐熱皿に入れる
・醤油糀を用意する

醤油糀を混ぜるとすごく美味しい大根おろしになります
パスタをゆでる前に準備して、パパっと仕上げる

②パスタを茹でる。

③ゆで上がる直前に、ゆで汁少々でバターを溶かし、醤油糀を混ぜてソースを作る。

④ゆで上がったパスタはお湯を切り、鍋に戻すかボールに入れ、③のソースで和える。

⑤④のパスタをお皿に盛り付け、大根おろし、しらす、大葉、卵黄、レモンを盛り付ける。

⑥できあがり~!

いただきま~す

具材を混ぜながら、レモンを搾って、いただきま~す!

お好みで、さらに“追い醤油糀”やあらびき黒胡椒をしても。

ほ~ら、お腹が空いてきたでしょう?

あ、卵黄はなくても美味しいのですが、このシズル感を出したくてのせました(笑)。

でもやっぱりあると、パスタに絡む、このトロ旨がたまりません!

今日は醤油糀バターソースでコクを出しつつも、大根おろしとレモンで、さっぱりしたものが食べたくなる春先にぴったり!のパスタをご紹介しました。醤油糀が「しらす」の風味を生かしつつ、全体の味をまとめてくれます。

お好みで、“追い醤油糀”をして

醤油糀+柑橘果汁は、ポン酢醤油の代わりになるのでいつものおさかな料理にも◎ですよ~。

おうちごはんで栄養たっぷりの発酵食品+おさかな料理を食べて、免疫力アップしたいですね!自家製の塩糀・醤油糀は、乳酸菌やオリゴ糖など腸にうれしい成分も豊富です。

マイ塩糀マイ醤油糀は、漬け床に使えば“おさかなの保存”にも便利なので、ぜひ作ってみてくださいね。

分量の目安は下記を参考に…

<材料(2人分)>
・スパゲッティ:160~200g
・釜揚げしらす:80g
・大根:6~7cmくらい
・大葉:5~6枚
・卵黄:2個
・無塩バター:30g
*有塩でも可。醤油糀で塩分調整する
・醤油糀:小さじ4+α
・レモン:1/2個
・ブラックペッパー:お好みで

 

日々の美味しい暮らしを発信中
Cozy Kitchen〜醸す台所〜
Facebook
Instagram

  • 高木 佐知子(たかぎ さちこ)

    Cozy Kitchen代表・兼業料理家・糀マイスター・みそソムリエ。   通勤と3人の子育てに奔走する傍ら、“糀で時短・やさしい・美味しい”をテーマに日々料理研究しています。日本のおさかなを美味しくする糀の発酵の力は感動もの! 限られた調理時間でも、糀や発酵食品を使って無理なく楽しく作れる、働く母のリアルな「簡単おさかな料理記録」をお届けします。 今日何食べよう?明日は何作ろうかな〜と隙間時間に見て、参考にしてもらえたら嬉しいです。   【プロフィール詳細】 千葉県生まれ。農家の祖父母のもとに育ち、幼少より発酵食品に親しむ。現在は、通勤と3人の子育てに奔走する傍ら、料理研究する日々。塩糀や味噌や漬物などの自家製発酵食品を活用して、忙しい現代人でも続けられる台所仕事と気楽な食養生を実践している。コンセプトは“醸す台所”。 2017年よりCozy Kitchenの活動スタート。地元流山市を中心に、味噌・塩糀・甘酒・みりん・醤油などのワークショップ講師、飲食店の糀メニュー監修・レシピ開発、メディア取材協力等で糀の魅力を伝えている。第2回フレッシュミズ部会講師、プライドフィッシュを使った料理教室などの実績あり。旬の魚とお酒には目がない。 Cozy Kitchen〜醸す台所〜 Facebook:https://www.facebook.com/cozykitchen.jp/ Instagram:https://www.instagram.com/cozykitchen_jp/

    このライターの記事をもっと読む

関連記事