糀で時短レシピ「漬けるだけで一夜干し風!?“塩糀焼き”」

何はともあれ、魚の“塩糀焼き”のススメ

「今日はこの魚が安いな、新鮮で美味しそう!でもどうやって調理しよう…」と魚売り場で立ち止まることはありませんか?そんな時は迷わず、「何はともあれ」マイ塩糀で“塩糀焼き”にしましょう!塩糀焼きは、とにかく塩糀に漬けて焼くだけで魚を美味しく食べられる、手軽なおさかなご飯(酒の肴にも!)の定番です。

おさかなの旨味がぎゅっと詰まった塩糀焼きは、まるで“一夜干し”の美味しさですよ~!

左上からカンパチカマ、タチウオ、ブリ、サケ、サワラ、イワシ、イカ、サバ

おススメポイントは3つ

1.時短&簡単
合わせ調味料不要で、塩糀のみで漬けるから簡単!あとは焼くだけ。
中までムラなく味つけし、魚介の旨味をぐ~んと引き出すから誰でも失敗ナシ♪臭みも抑えます。

2.魚介の味の違いが楽しめる
種類豊富な日本のおさかなは魚種によって味が違うから、同じ味つけでも魚を変えるだけでバリエーション豊かなお料理になります。
シンプルかつ魚介の旨味を引き出す塩糀焼きは、おさかなの個性を味わうのにもってこい!
今まで食べたことがない魚も、ぜひ試してみてくださいね。

3.保存できる
鮮度が命のお魚も、塩糀漬けで日持ちアップ!冷凍もOK。

「何はともあれ塩糀焼きに」を合言葉に(笑)、旬の魚を気軽に食卓に並べてみませんか?

鮭の塩糀焼きの基本のつくり方

では、鮭で基本の塩糀焼きのつくり方を見ていきましょう。

シンプルに言うと、「魚に塩糀をまぶして漬けて焼くだけ!」以上です・・・笑。一応詳しく紹介しますね!

①鮭の切り身は、キッチンペーパーなどで表面の水分を拭きとってから、塩糀をかける。

漬け込み時の塩糀の量は【材料の10%】が基本(料理や好みによって調整します)。

目安は一般的な鮭などの切り身【2切れで大さじ1】。慣れれば目分量でOKですが、覚えておくと便利ですよ!

②塩糀を鮭の表面にまんべんなくまぶしたら、ラップをかけて空気を抜き、冷蔵庫に30分以上置く。
寝かせている間に、塩糀の酵素が魚の旨味をぐんぐん増やします。

買ってきたらすぐ漬けて、一晩くらい置くのがおススメ。逆に急ぐときは10分くらいでもOK。

わが家では、漬け込みの時は100均のステンレストレーを使っています。

これが使いやすくて便利!ビニール袋に入れて漬けてもいいのですが、環境のことを考え少しでもシングルユースのプラスチック類の使用を減らします。

焼きます!

③漬けあがった鮭は、キッチンペーパーなどで表面を軽く拭ってから、グリル・オーブン・フライパン・トースターなどで焼く。

わが家では、【オーブンレンジ】のグリル機能で焼きます。調理網に油をぬるとくっつきにくい。ボタン一つ、自動で焼き上がるので便利(約10分)。その間にみそ汁や副菜の準備をします。

 

【フライパン】でも焼けます。クッキングシートを敷いて焼くと焦げ付きにくく、後片付けも楽チンです。弱火で皮目から約7~8分、裏返して約4~5分焼きます。

こちらは鰆の塩糀漬け、フライパンとクッキングシートで

【トースター】も簡単!アルミホイルをしわくちゃにし、その上に塩糀漬けを乗せて焼きます。(約8~15分様子を見て)

トースターなら火を使わず簡単

④お皿に盛り付けて、召し上がれ!

お好みで、大根おろしや柑橘類を添えて。

分量の目安は?

材料(2人分)
・魚の切り身:2切れ(180g前後)
マイ塩糀:大さじ1
※もちろん市販の塩糀でもOK!

ご飯とみそ汁・漬物を添えて

ご飯・みそ汁・魚・野菜を中心とした和食は健康維持に理想的と言われます。
漬けて焼くだけの「塩糀焼き」なら、魚食を手軽に取り入れられますね!

塩糀は、糀の酵素が魚介のタンパク質を旨味に変えて、消化吸収も助けてくれます。
この塩糀の働きは、自家製の「マイ塩糀」ならより効果的で美味しくできます。
「糀・塩・水」のみで作られたマイ塩糀の発酵パワーはすごい!ナチュラルで体に優しい無添加調味料です。

ぜひマイ塩糀で「何はともあれ塩糀焼き」(笑)をお楽しみください♪

おまけの一品

残ったイカやエビなどの刺身を塩糀でさっと和えるだけで「即席塩辛風」に。

乙な肴になりますよ~

イカそうめんの塩糀和え。日本酒にぴったり

日々の美味しい暮らしを発信中
Cozy Kitchen〜醸す台所〜
Facebook
Instagram

  • 高木 佐知子(たかぎ さちこ)

    Cozy Kitchen代表・兼業料理家・糀マイスター・みそソムリエ。   通勤と3人の子育てに奔走する傍ら、“糀で時短・やさしい・美味しい”をテーマに日々料理研究しています。日本のおさかなを美味しくする糀の発酵の力は感動もの! 限られた調理時間でも、糀や発酵食品を使って無理なく楽しく作れる、働く母のリアルな「簡単おさかな料理記録」をお届けします。 今日何食べよう?明日は何作ろうかな〜と隙間時間に見て、参考にしてもらえたら嬉しいです。   【プロフィール詳細】 千葉県生まれ。農家の祖父母のもとに育ち、幼少より発酵食品に親しむ。現在は、通勤と3人の子育てに奔走する傍ら、料理研究する日々。塩糀や味噌や漬物などの自家製発酵食品を活用して、忙しい現代人でも続けられる台所仕事と気楽な食養生を実践している。コンセプトは“醸す台所”。 2017年よりCozy Kitchenの活動スタート。地元流山市を中心に、味噌・塩糀・甘酒・みりん・醤油などのワークショップ講師、飲食店の糀メニュー監修・レシピ開発、メディア取材協力等で糀の魅力を伝えている。第2回フレッシュミズ部会講師、プライドフィッシュを使った料理教室などの実績あり。旬の魚とお酒には目がない。 Cozy Kitchen〜醸す台所〜 Facebook:https://www.facebook.com/cozykitchen.jp/ Instagram:https://www.instagram.com/cozykitchen_jp/

    このライターの記事をもっと読む

関連記事