糀で時短レシピ「魚焼きグリルで15分!W発酵漬け床でタンドリーチキン風」

たまにはお肉も・・・?

突然ですが・・・、今日はお肉です。えっ、Sakanadiaなのにお肉~!?って思いますよね。でも、たまにはお肉です。(笑)

STAY HOME週間に楽チン調理で、大人も子どもも喜ぶ“漬け焼き”肉をご紹介します。お魚も漬けられる“漬け床”なので、お試しくださいね!

「糀」にはたくさんの“酵素”が含まれます。酵素は食物の栄養を分解して、消化・吸収を助けます。例えば、“プロテアーゼ”という酵素がタンパク質をアミノ酸に分解。栄養素がある程度分解された状態で摂取できるため、体内での消化・吸収がしやすくなるのです。

塩糀」や「醤油糀」は、この“酵素の働きをお料理に活用”することでもあります。旨味を感じるアミノ酸を生み出したり、食物をやわらかくしたりする力もあるので、お魚やお肉にとっても有効なのですよ~。

塩糀×ヨーグルトのW発酵パワーで漬け込む

いつも魚を焼くグリルでチキンも焼きましょう

そこで今日は、鶏肉を塩糀の力でふっくらジューシーに仕上げる「タンドリーチキン風」のグリルチキンを作りましょう!ホームパーティで好評だったレシピです。

ステイホーム習慣の今は、おうちごはん、おうち飲みのお供にぜひ。

タンドリーチキンは、発酵食品のヨーグルトに鶏肉を漬け込んで焼くおなじみのインド料理。ヨーグルトの乳酸が肉をやわらかくし、臭みを取り、保存効果もあります。

だから、好きなときに漬けて冷蔵庫に入れておけば、魚焼きグリルで15分くらい焼くだけで簡単美味しいメインディッシュができます!やっぱり時短です♪

漬けている間にぐんぐん美味しく

おススメなのは、漬け込みにヨーグルトだけでなく「塩糀」を使うこと!甘味も加わり、さらにジューシー、旨味たっぷりのタンドリーチキンになりますよ。W発酵効果!です(笑)。かくし味の醤油も発酵食品なので、トリプル発酵かな?(笑)

漬け込み材料はコレだけ

では、作りましょう!
おおまかな流れは、①鶏肉を漬け込んでおく②そして焼くだけです。

①鶏モモ肉は大きめにカットして(4等分くらい)パッドに入れ、「塩糀・コショウ・レモン汁」で和える。漬け込みはジップ袋でもOK。

② ①に「☆ヨーグルト・カレー粉・ニンニク・ショウガ・醤油」を加え、よくもみ込む。
※☆はあらかじめ混ぜておくと、漬けやすい。
※ニンニク・ショウガはチューブでなく生がおススメ。

 

③ラップをして冷蔵庫で一晩寝かせる。急ぐときは10~30分置くだけでもOK。2~3日置いてもいいし、漬けたまま冷凍保存も可。
※漬けて冷蔵庫に放っておくだけで、W発酵漬け床が鶏肉をぐんぐん美味しくしてくれる。

④皮目を上にして、魚焼きグリルで焼く。(アミに油を塗るとくっつきにくい)
中火で7~8分、裏返してさらに7~8分(片面焼きの場合)。
※漬けダレは最小限にしているので、ぬぐわずそのまま焼ける。
※オーブンで自動焼きも便利。また、フライパンでもOKですが、脂が適度に落ちる魚焼きグリルやオーブンがヘルシーでおススメ。

こんがり焼けて、中に火が通ったらできあがり~♪♪♪

ごはんとみそ汁でホッとリラックス

インド料理だけど、塩糀やかくし味の醤油のおかげでごはんとみそ汁にもぴったりのおかずに。焼きたてをほおばると、スパイスの香りと旨味たっぷりのジューシーな肉汁が口の中に広がります。

飲むとホッとするみそ汁のリラックス効果で、自粛疲れをいやしてくださいませ。最前線で働く方々の元気の源にもなりますように。

チキンは冷めてもやわらかいので、お弁当にもぴったりですよ。

しっかり漬け込めば、箸で崩れるほどホロホロやわらかに

W発酵ヨーグルト漬け床は、お魚にも合うのでぜひ!カジキやブリ、サケ、サワラなどなど…いろいろなお魚でお試しください。おさかな料理のマンネリ脱出に一役買ってくれますよ♪

分量の目安は下記を参考に…

<材料(2人分)>
・鶏モモ肉(ムネ肉でも):1枚
・塩糀:大さじ1・1/2
・コショウ:少々
・レモン:1/4個
・ヨーグルト:大さじ2
・カレー粉:小さじ1
・ニンニク(すりおろす):一片
・ショウガ(すりおろす):一かけ
・醤油:小さじ1

 

日々の美味しい暮らしを発信中
Cozy Kitchen〜醸す台所〜
Facebook
Instagram

  • 高木 佐知子(たかぎ さちこ)

    Cozy Kitchen代表・兼業料理家・糀マイスター・みそソムリエ。   通勤と3人の子育てに奔走する傍ら、“糀で時短・やさしい・美味しい”をテーマに日々料理研究しています。日本のおさかなを美味しくする糀の発酵の力は感動もの! 限られた調理時間でも、糀や発酵食品を使って無理なく楽しく作れる、働く母のリアルな「簡単おさかな料理記録」をお届けします。 今日何食べよう?明日は何作ろうかな〜と隙間時間に見て、参考にしてもらえたら嬉しいです。   【プロフィール詳細】 千葉県生まれ。農家の祖父母のもとに育ち、幼少より発酵食品に親しむ。現在は、通勤と3人の子育てに奔走する傍ら、料理研究する日々。塩糀や味噌や漬物などの自家製発酵食品を活用して、忙しい現代人でも続けられる台所仕事と気楽な食養生を実践している。コンセプトは“醸す台所”。 2017年よりCozy Kitchenの活動スタート。地元流山市を中心に、味噌・塩糀・甘酒・みりん・醤油などのワークショップ講師、飲食店の糀メニュー監修・レシピ開発、メディア取材協力等で糀の魅力を伝えている。第2回フレッシュミズ部会講師、プライドフィッシュを使った料理教室などの実績あり。旬の魚とお酒には目がない。 Cozy Kitchen〜醸す台所〜 Facebook:https://www.facebook.com/cozykitchen.jp/ Instagram:https://www.instagram.com/cozykitchen_jp/

    このライターの記事をもっと読む

関連記事