糀で時短レシピ「海苔のおいしさ再発見!その2‐レシピ編」

全2回にわたりお送りしている「海苔のおいしさ再発見!」。
レシピ編では、お待ちかねの海苔を使った簡単レシピをご紹介いたします。

▶海苔の豆知識は、糀で時短レシピ「海苔のおいしさ再発見!その1-豆知識編」でチェック
▶国産海苔の情報は、のり推進協Twitterで ※2020/6/5~15キャンペーン実施中!

発酵力“海苔と糀”でかんたん免疫力アップ料理

海苔って本当になんでも使えるから、紹介したいお料理がたくさんあってどれにしようか迷ってしまいます。今日は、飽きがこなくて定番にしたくなる3品を選びました。

計量せずとも気楽に作れるものばかりです。塩糀や醤油糀は、繰り返し使うことで使う感覚がつかめてきますよ。

【たぬきごはんとベビーホタテで即席!なんちゃって天むす】

①米1合につき大さじ1の「醤油糀」を入れて“醤油糀茶飯”を炊く。

②醤油少々をまぶした天かす(あげ玉)を醤油糀茶飯(白ごはんでも可)に混ぜ、“たぬきごはん”を作る。
※天かすの味付けには、普通の醤油を使ってください。「醤油糀」だと、糀の酵素で天かすが溶けてしまいます!

③上部に「ベビーホタテ」(蒸しホタテ)をのせた小ぶりのおむすび(ごはん80gくらい)を握り、海苔を巻いたら完成♪

天ぷらにしなくても天むす風味!やってみてください〜。もちろん蒸しエビをのせればより“らしく”なりますよ!?

【つまみにもお弁当にも!のりのり塩糀ナゲット】

① 鶏ひき肉に、「塩糀」、ニンニクすりおろし、コショウとナツメグ、そしてつなぎに「乾燥おから」を入れてまぜる。

② ①にちぎった海苔を加え混ぜる。

③ そら豆型に成型して、1cmくらいの油を入れたフライパンで揚げ焼きにする。

子どもも大人も止まらない〜。
食物繊維たっぷり!腸活ナゲットです♪

【節約!ユッケ風のりだらけの醤油糀アボカド丼】

① アボカドは縦半分に切ってからスプーンでくりぬき、ボールに入れレモン汁をかける。

② 少し崩したアボカドに、醤油糀とゴマ油、ニンニクすりおろしで味をつけたらまるでユッケに!?

③ 丼にごはんをよそったら、海苔をぐるっと放射状に並べていく。

④ 海苔の真ん中に、②のユッケ風アボカドを乗せ、卵黄・白ゴマをトッピング。あれば糸とうがらしも飾るとそれらしく。薬味もお好みで。今日はミョウガをきざんでみました。

なにも海苔をこんな風にしなくても(笑)。でも、海苔をたくさん食べたかったのです。反時計回りに並べていくと、食べる時に12時から時計回りに進んでいけるというお楽しみも!?最初はのりに具を包んで、そのうち全部混ぜて……。ペロリとごちそうさま!

アボカドがメインだからお財布がさびしいときのお助け。もちろん、魚の刺身でユッケ風も最高ですよ~。つい明るいうちからプシューっとビールをあけちゃいます(笑)。

海苔にゴマ油+塩を合わせるだけで、みんなの大好きな「韓国のり」風味になります。香り高い国産のりで作ると旨味極限!ぜひおいしい国産のりでお試しを。

たとえば、こんな韓国風副菜もわが家の定番です。

【のりと水菜の塩糀チョレギサラダ】

ざく切りにした水菜に、塩糀・ゴマ油・酢・コショウを和えて、仕上げにちぎった海苔と白ゴマを混ぜるだけ。海苔は香りと旨味が強い国産のりがベスト。これだけで、ビタミンサラダになることは「豆知識編」で学んだ通りですね。少ない食材で超時短なのにおいしい!
改めて海苔のことを知ったら、海からの素晴らしい贈り物「のり」がまた大好きになった高木です♪

海苔の機能や効果は、糀で時短レシピ「海苔のおいしさ再発見!その1-豆知識編」でご紹介!
海苔の特性を理解すると、さらに上手に食卓で活用できるようになりますよ~。

関連リンク
全国のり事業推進協議会(のり推進協)公式ホームページ
のり推進協Twitter ※2020/6/5~15キャンペーン実施中!

日々の美味しい暮らしを発信中
Cozy Kitchen〜醸す台所〜
Facebook
Instagram

  • 高木 佐知子(たかぎ さちこ)

    Cozy Kitchen代表・兼業料理家・糀マイスター・みそソムリエ。   通勤と3人の子育てに奔走する傍ら、“糀で時短・やさしい・美味しい”をテーマに日々料理研究しています。日本のおさかなを美味しくする糀の発酵の力は感動もの! 限られた調理時間でも、糀や発酵食品を使って無理なく楽しく作れる、働く母のリアルな「簡単おさかな料理記録」をお届けします。 今日何食べよう?明日は何作ろうかな〜と隙間時間に見て、参考にしてもらえたら嬉しいです。   【プロフィール詳細】 千葉県生まれ。農家の祖父母のもとに育ち、幼少より発酵食品に親しむ。現在は、通勤と3人の子育てに奔走する傍ら、料理研究する日々。塩糀や味噌や漬物などの自家製発酵食品を活用して、忙しい現代人でも続けられる台所仕事と気楽な食養生を実践している。コンセプトは“醸す台所”。 2017年よりCozy Kitchenの活動スタート。地元流山市を中心に、味噌・塩糀・甘酒・みりん・醤油などのワークショップ講師、飲食店の糀メニュー監修・レシピ開発、メディア取材協力等で糀の魅力を伝えている。第2回フレッシュミズ部会講師、プライドフィッシュを使った料理教室などの実績あり。旬の魚とお酒には目がない。 Cozy Kitchen〜醸す台所〜 Facebook:https://www.facebook.com/cozykitchen.jp/ Instagram:https://www.instagram.com/cozykitchen_jp/

    このライターの記事をもっと読む

関連記事