糀で時短レシピ【動画】「土鍋でおしゃれに♪”ホタルイカの塩糀アヒージョ”」

春の味覚に出会ったら~♪

春の味覚♪ホタルイカが出てきましたね~。
まだ小ぶりかな、でもね、春先に見つけるといち早く手に取りたくなります。

スーパーなどのお店では、ボイルしてあるものが売られていますね。
仕事帰りに買っても、そのまま食べられる手軽さが魅力。
酢みそやわさび醤油でいただくのが定番でしょうか。

でもこのホタルイカ。利用価値が高くて、様々な料理に合うのです。
まだ寒さを感じる季節だから、熱々の「塩糀アヒージョ」なんていかがですか?

塩糀は、オリーブオイルとも相性抜群です。

魚介の旨味を引き出すので、アヒージョなんかも大得意なのです。

春の食材でシンプル調理

材料はこれだけ。

旬の野菜も一緒に調理出来たら嬉しいな…と今日は、“芽キャベツ”を入れてみました。芽キャベツの下ごしらえは洗って切るだけなので簡単。

週末に、いえ、平日でも作れちゃうスピードおつまみでゆったりおうち飲み。
リラックスタイムを楽しんでください♪糀で疲労回復効果も期待できます。
これからの季節は、キャンプ飯でアヒージョもいいですね!

小さい土鍋で作れます。なければフライパンでもOK。
もちろん、“スキレット”などをお持ちでしたらご活用ください。

パパっとできちゃう下ごしらえ

ボイルされたホタルイカは、硬い目玉を取り除くだけ!

こんな感じで~、くりっと

そして、ここがポイント!
あらかじめ、味付けに使う塩糀の半量をまぶし、ホタルイカのさらなる旨味を引き出します。

芽キャベツは半分に、ニンニク・パセリは粗みじん切り、唐辛子は輪切りに。

下ごしらえはこれだけ!
あとは、ニンニク+唐辛子、芽キャベツ、ホタルイカの順に加熱して、仕上げにコショウ・パセリを散らすだけ。

つくり方の手順は、わかりやすい動画で↓

ほ~ら、食欲をそそるにんにくの香りが漂ってきませんか~?(笑)

ボイル済みのホタルイカは、加熱しすぎると固くなるので最後に入れて、温める程度にするのがポイント。

いただきます♪

うーん、たまりません!

ホタルイカの香りはもちろん、芽キャベツの甘味とほろ苦さも美味しい。ワインが進みます。日本酒もいい。

塩糀料理って、洋風でも日本酒ともマッチングしてしまう懐の広さがあるのです。
まあ、いずれにしても好きな飲み物を合わせればいいわけですが(笑)

あ、ビールもいいなあ!

…酒飲み気質が出てしまいすみません。

ホタルイカは肝機能を高める働きがあると言われる“タウリン”が豊富なのも嬉しい。でも、飲みすぎは禁物ですよ(笑)。

“ビタミンA・E”も豊富なので、美肌効果も期待できそうなのが女性にも嬉しい。

残ったオイルはバゲットにつけて

ホタルイカの風味とにんにくの香り、そして塩糀の旨味とやさしい甘味が溶け込んだ残りのオイルは、カリッと焼いたバゲットにつけて残さず召し上がれ!

ホタルイカは、頭から足、滋養ある内臓まで丸ごとぜ~んぶ食べられちゃう「一物全体」食であることもポイント高い。

可食部ほぼ100%だから、栄養が丸ごといただけるのですよね。
ほろ苦、ほろ甘、旨味たっぷり~!のホタルイカの美味しさはまるで人生のよう!?(笑)

小魚同様、上手に取り入れたい食材です。

様々な魚介で楽しめる塩糀アヒージョ

塩糀アヒージョは、ホタルイカ以外にもタコ・エビ・イカなどはもちろん、牡蠣やしらすも美味しい!

ぜひ、旬の魚介類でお試しくださいね。

 

材料の目安はこちら。
<ホタルイカと芽キャベツの塩糀アヒージョ(2~3人分)>
・ホタルイカ(ボイル):90g
・芽キャベツ:5個
・オリーブ油:100ml
マイ塩糀:大さじ1
※もちろん市販の塩糀でもOK!
・黒コショウ:少々
・にんにく:1.5片
・唐辛子:1/3本分
・パセリ:適量
・バゲット:適量

国産の春の魚介は、プライドフィッシュ公式サイトでチェック♪

日々の美味しい暮らしを発信中
Cozy Kitchen〜醸す台所〜
Facebook
Instagram

 

  • 高木 佐知子(たかぎ さちこ)

    Cozy Kitchen代表・兼業料理家・糀マイスター・みそソムリエ。   通勤と3人の子育てに奔走する傍ら、“糀で時短・やさしい・美味しい”をテーマに日々料理研究しています。日本のおさかなを美味しくする糀の発酵の力は感動もの! 限られた調理時間でも、糀や発酵食品を使って無理なく楽しく作れる、働く母のリアルな「簡単おさかな料理記録」をお届けします。 今日何食べよう?明日は何作ろうかな〜と隙間時間に見て、参考にしてもらえたら嬉しいです。   【プロフィール詳細】 千葉県生まれ。農家の祖父母のもとに育ち、幼少より発酵食品に親しむ。現在は、通勤と3人の子育てに奔走する傍ら、料理研究する日々。塩糀や味噌や漬物などの自家製発酵食品を活用して、忙しい現代人でも続けられる台所仕事と気楽な食養生を実践している。コンセプトは“醸す台所”。 2017年よりCozy Kitchenの活動スタート。地元流山市を中心に、味噌・塩糀・甘酒・みりん・醤油などのワークショップ講師、飲食店の糀メニュー監修・レシピ開発、メディア取材協力等で糀の魅力を伝えている。第2回フレッシュミズ部会講師、プライドフィッシュを使った料理教室などの実績あり。旬の魚とお酒には目がない。 Cozy Kitchen〜醸す台所〜 Facebook:https://www.facebook.com/cozykitchen.jp/ Instagram:https://www.instagram.com/cozykitchen_jp/

    このライターの記事をもっと読む

関連記事