糀で時短レシピ「自家製"マイ塩糀"を作ろう!」

自家製の「マイ塩糀」でおさかな料理をもっと手軽に!

和えたり、漬けたりするだけで、食材を美味しくしてくれる「塩糀」は“時短・やさしい・美味しい”がテーマの“醸す台所”~に欠かせない基本の発酵調味料。実はこの塩糀、日本のお魚との相性が抜群なのです!

漬けておくだけで、お魚のうま味をぐーんとアップして、保存性を高めたり、臭みを抑えてくれたりする効果もあります。お魚をしっとり、美味しく仕上げてくれるのですよ~。

「塩糀」で、日本のおさかなの美味しさを再発見しちゃいましょう!

アレンジ自在の「塩糀」で様々なおさかな料理が簡単に作れます!

市販の塩糀もありますが、自家製の「マイ塩糀」を使うことが糀料理を美味しく作る一番のコツ。「忙しいのに手づくり調味料だなんて!」と嘆くなかれ(笑)。材料さえ用意すれば、つくり方はとっても簡単!たったの5分で仕込めますよ~。

生きた「マイ塩糀」だからこそ、調理効果が高く、日々の時短料理に役立ってくれます。美味しいから使い続けたくなる(ここはポイント!)、そして使い続けるには作った方が経済的(大事なポイント!)。色々と使いまわせるので、ぜひ「マイ塩糀」を常備して、毎日の料理と健康に役立てましょう。

仕込み5分!超簡単マイ塩糀を作ってみよう!

つくり方は、とってもシンプル!「米糀と、米糀の1/3重量の塩に、水をひたひたに注いで、時々混ぜながら室温に何日か置くだけ。水は目分量でOK!」ズボラさん(私です、笑)でもとっても簡単!5分あれば仕込めるので、ぜひトライしてみてください。

材料はこれだけ!「米糀・塩・水」のみです。

①消毒した清潔なビンに「米糀」と米糀の1/3重量の「塩」を計り入れ、スプーンなどでよく混ぜ合わせる。

糀に塩をまぶす

②そこに糀がギリギリかぶるくらい(ひたひた)の「水」を加えてさらに混ぜる。

まぜまぜぷくぷく、癒されます~

*塩が底にたまりやすいので、底から返すようによく混ぜましょう。

③直射日光の当たらない場所に置き、“一日一回”混ぜながら、室温で発酵させる。(夏は3~5日、冬は1週間~10日間くらいが目安)

水の量は米糀が水分を吸った後、“ひたひた”が目安

混ぜるのを忘れる日があっても、日に何度も混ぜたくなっても(笑)大丈夫!麹菌が自ずと醸してくれますよ。わが家では、子どもも混ぜ混ぜのお手伝いをしてくれます。

④お粥のようにトロトロになったら出来上がり。蓋を閉めて作った日付を記入する。冷蔵庫で半年くらい保存できるので、作り置きすれば便利!

舐めてみると…ほんのり甘くてうま味たっぷり

いかがですか?簡単すぎて、びっくりしません?(笑)スプーンで混ぜるのがおっくうな方は、蓋を閉めたビンをシャカシャカ振るだけでもOK。詳しいレシピは下記を参考に。

作りやすい分量は?

“目分量”がちょっと苦手という方は、以下のような分量で作ってみてください。

米糀:150g
塩:50g(米糀の1/3重量)
水:180~230mlくらい(糀の約1.2~1.5倍量)

*塩は、良質の美味しい塩を。
*塩の量は保存に適度な塩分量なので、減らさずに分量を守る。
*水加減は“ひたひた”なら適当でOK!

米糀はどこで買えるの?

「米糀?どこに売っているの?」という方も多いかもしれません。でも、実はスーパーなど身近なお店で手に入るので探してみてくださいね。

米糀が買える場所は例えば・・・

〇スーパーの漬物コーナー、または乾物コーナー
〇自然食品店
〇酒屋さん
〇道の駅
〇酒蔵や味噌蔵
〇ネット通販

などなど。商品名は「米糀」「米麹」「米こうじ」などそれぞれ。

糀と塩を選んで作れるのも「マイ塩糀」の楽しいところ。ぜひ「マイ塩糀」を作って、『簡単おさかな料理』をはじめましょう!

使い方はまたご紹介しますね。

塩糀作りで米糀がトロトロになるのは、麹菌の酵素の働き。微生物の力にはいつも感動します。“醸す台所”は忙しい日々の中でも、発酵を司る微生物の働きを感じ、自然のありがたみを改めて意識する台所仕事でもあります。

おさかなと糀の食文化は、日本の豊かな自然があってこそ。今あらためて、海と土の恵みに感謝して“いただきます”の気持ちを大切にしたいと思っています。

 

日々の美味しい暮らしを発信中
Cozy Kitchen〜醸す台所〜
Facebook
Instagram

  • 高木 佐知子(たかぎ さちこ)

    Cozy Kitchen代表・兼業料理家・糀マイスター・みそソムリエ。   通勤と3人の子育てに奔走する傍ら、“糀で時短・やさしい・美味しい”をテーマに日々料理研究しています。日本のおさかなを美味しくする糀の発酵の力は感動もの! 限られた調理時間でも、糀や発酵食品を使って無理なく楽しく作れる、働く母のリアルな「簡単おさかな料理記録」をお届けします。 今日何食べよう?明日は何作ろうかな〜と隙間時間に見て、参考にしてもらえたら嬉しいです。   【プロフィール詳細】 千葉県生まれ。農家の祖父母のもとに育ち、幼少より発酵食品に親しむ。現在は、通勤と3人の子育てに奔走する傍ら、料理研究する日々。塩糀や味噌や漬物などの自家製発酵食品を活用して、忙しい現代人でも続けられる台所仕事と気楽な食養生を実践している。コンセプトは“醸す台所”。 2017年よりCozy Kitchenの活動スタート。地元流山市を中心に、味噌・塩糀・甘酒・みりん・醤油などのワークショップ講師、飲食店の糀メニュー監修・レシピ開発、メディア取材協力等で糀の魅力を伝えている。第2回フレッシュミズ部会講師、プライドフィッシュを使った料理教室などの実績あり。旬の魚とお酒には目がない。 Cozy Kitchen〜醸す台所〜 Facebook:https://www.facebook.com/cozykitchen.jp/ Instagram:https://www.instagram.com/cozykitchen_jp/

    このライターの記事をもっと読む

関連記事