糀で時短レシピ「生・焼・煮の入梅イワシ三段活用」

旬のイワシを使った簡単レシピをご紹介!すべてスリーステップ以内でつくれちゃう簡単お魚レシピです。注目のEPA・DHAたっぷりの旬のイワシでコロナに負けない体づくりを。

梅雨が旬の入梅イワシ

つぶらな瞳のイワシちゃん

ジュウジュウ、パチパチ。魚焼きグリルで「マイワシ」を焼いていると、蒸し暑い季節に下降気味だった食欲が戻ってくるよう。

初夏から秋にかけて旬を迎える「マイワシ」。
特に、今の梅雨の時期に獲れるものは「入梅イワシ」と呼ばれ、一年のうちで最も脂がのって美味しくなります。
入梅(にゅうばい)だなんて、四季のある日本ならではの言葉だなあとうっとりします。 

スーパーでぷっくりころんとしたイワシと目が合うと、そのつぶらな瞳で「わたしを買って~」とうったえかけてくる気がしません?(笑)

免疫力アップにも!「EPA・DHA」

イワシは健康成分として、今や海外からも注目されている魚の油「EPA・DHA」の宝庫。EPAは血液をサラサラにし、DHAは脳を活性化して老化を予防する働きがあるとされています。
近年では、“免疫力を高める”効果もあるとして、研究が進んでいるそうですよ。

となれば、腸内環境をととのえる「糀(こうじ)」と「イワシ」を合わせて、“ウイルスに負けない体づくり”をめざしたいところ。

イワシは、鮮度の良いものは「刺身」が絶品。脂ののった入梅イワシなら、トロのような味わい。
いや、脂したたる塩焼きも捨てがたい。煮れば丸ごと栄養が摂れる。
ああ、フライもいいし、たたいてミンチも使えるなあ…と実は万能食材。イワシは昔から庶民の味方。どんどん活用したいものです。

今日は、塩糀・醤油糀アレンジで「生・焼・煮」のイワシ三段活用のレシピを紹介します。平日の仕事帰りでも気軽に作れるようなメニューを厳選しました。
ぜひ食卓に旬のイワシを♪

【生レシピ】前菜にサラダベースに「イワシの糀マリネ」

まずは刺身用の三枚おろしでマリネ。とろける脂を感じながらもサッパリといただけるのが初夏にぴったりの味わいです。

<つくり方>

①イワシは、表面の水気をペーパーでおさえてから塩糀をまぶし、冷蔵庫で10分ほど休ませる。

②マリネ液の材料を合わせる。ハーブは好みや気分で変えて。お酢は米酢にしても。

③①は水分をペーパーでおさえてから、②のマリネ液を回しかける。

少し冷蔵庫で冷やすだけで食べてもいいし、1~2日漬けてもいい。
お好みの漬かり具合でどうぞ♪
使うハーブ次第で雰囲気が変わるので、アレンジも楽しんで(ディル、イタリアンパセリ、セルフィーユetc…)

今日は焼いたマッシュルームを添えてみました。キリリと冷やした辛口の白ワインにぴったり。
ジャガイモと一緒にサラダにするもの好き。

【焼レシピ】「イワシのムニエル・糀サルサソース」

ムニエル(フランス)にサルサ(メキシコ)に…どこ料理よ!?と突っ込みたくなるネーミングですが、雰囲気伝わりますよね?(笑)

「フレッシュ糀サルサソース」。これがイワシなどの青魚と相性抜群なんです。
トマト自体がイワシに合うのですが、このソースは濃厚な青魚の風味を引き立て、臭みもカバー。
サバやサンマでも試してほしいソースです。
魚料理だけではなくいろいろアレンジできるので、わが家では夏野菜のおいしい季節に幾度となく作ります。
身近な野菜と家にある調味料でいつでも作れる汎用レシピなのでぜひお試しを。

<つくり方>

①サルサソースは野菜を小さくカット・スライスし、塩糀・ハーブ・酢を入れて混ぜるだけ。シンプル!(辛味がほしい方は青唐辛子も少々)

②イワシに塩糀をまぶし、数分置く(半日くらい漬けてもOK)。

③②は水分をペーパーでおさえコショウを振り、全体に粉を薄くまぶしてから、油を熱したフライパンで片面2~3分ずつ両面焼く。

サルサソースをたっぷりかけて召し上がれ~♪

ソースはつくり置きがおススメです。

水気を切って食パンにのせて、チーズをかけて焼くだけでフレッシュなピザトーストにアレンジできちゃいます。
ごはん・味付け挽肉・レタス・チーズを合わせてタコライスにも♪

【煮レシピ】醤油糀でとろりと「イワシの梅煮」

王道の「梅煮」も、醤油糀を使うとかんたん。
トロミがついてこっくり濃厚な味わいに。

<つくり方>

①鍋に水・醤油糀・酒を入れて火にかける。

②沸騰したら、イワシを並べ、梅干し・しょうがを入れる。
弱火~中火で、煮汁をかけながら15分ほど煮る。

ごはんにはもちろん、冷酒をちびりちびりとやりながら、窓の外の雨を眺める日もまた粋かな。
〆は残った煮汁と梅・ショウガ(刻む)を米と水と一緒に炊き込めば、煮汁に溶け込んだイワシの栄養を丸ごといただけます。美味!

消化吸収を助ける“糀(こうじ)”はバテ防止になる夏の清涼剤とも言えます。
イワシの背のブルーに夏の空と海のイメージを重ねながら、梅雨明けを待ちましょう。

 

日々の美味しい暮らしを発信中
Cozy Kitchen〜醸す台所〜
Facebook
Instagram

  • 高木 佐知子(たかぎ さちこ)

    Cozy Kitchen代表・兼業料理家・糀マイスター・みそソムリエ。   通勤と3人の子育てに奔走する傍ら、“糀で時短・やさしい・美味しい”をテーマに日々料理研究しています。日本のおさかなを美味しくする糀の発酵の力は感動もの! 限られた調理時間でも、糀や発酵食品を使って無理なく楽しく作れる、働く母のリアルな「簡単おさかな料理記録」をお届けします。 今日何食べよう?明日は何作ろうかな〜と隙間時間に見て、参考にしてもらえたら嬉しいです。   【プロフィール詳細】 千葉県生まれ。農家の祖父母のもとに育ち、幼少より発酵食品に親しむ。現在は、通勤と3人の子育てに奔走する傍ら、料理研究する日々。塩糀や味噌や漬物などの自家製発酵食品を活用して、忙しい現代人でも続けられる台所仕事と気楽な食養生を実践している。コンセプトは“醸す台所”。 2017年よりCozy Kitchenの活動スタート。地元流山市を中心に、味噌・塩糀・甘酒・みりん・醤油などのワークショップ講師、飲食店の糀メニュー監修・レシピ開発、メディア取材協力等で糀の魅力を伝えている。第2回フレッシュミズ部会講師、プライドフィッシュを使った料理教室などの実績あり。旬の魚とお酒には目がない。 Cozy Kitchen〜醸す台所〜 Facebook:https://www.facebook.com/cozykitchen.jp/ Instagram:https://www.instagram.com/cozykitchen_jp/

    このライターの記事をもっと読む

関連記事