今夏の“土用の丑の日”は通販で“ウナギ”をお取り寄せ

今夏の土用の丑の日は7月21日と8月2日。
今年はウナギも通販でお取り寄せし、お家で楽しんでみるはいかがでしょうか?

「万葉集」から続く“夏はウナギ”

JF全漁連広報・Sakanadia編集部です!今回は、夏の風物詩、土用丑の日に食べる「ウナギ」のご紹介です。

今夏の土用の丑の日は7月21日と8月2日。
実は、暑い夏を乗り切るために栄養価の高いウナギを食べる習慣は古くからあり、万葉集にも詠まれています。

夏の「土用の丑の日」にウナギを食べるという風習は、1700年代後半(江戸時代)に広まったと言われています。
今ではすっかり一般的ですが、そんななが~い歴史があるんですね。
実際、ウナギには疲労回復や食欲増進に効果的なビタミンA、ビタミンB群などが多く含まれており、夏バテ予防にはピッタリの食材です。

通販でウナギをお取り寄せ【送料無料】

JF全漁連の産直通販サイト「ギョギョいち」では、国産のウナギを使った商品が送料無料でお買い求めいただけます。

▶ギョギョいち「ウナギ」商品一覧はこちら

 

定番のかば焼きや白焼きだけでなく、まぶし飯セットや、ウナギのかば焼きと他の海産物がセットになった「ギョギョいちセット」もおすすめです。
ぜひ産直通販サイトギョギョいちをのぞいてみてください。

ギョギョいち商品例

また、JF全漁連のプライドフィッシュプロジェクトの公式サイトでは、漁師が選んだ本当においしい魚“プライドフィッシュ”に認定された「愛知のウナギ」のほか、ウナギを使ったレシピの情報も紹介しています。

 

▶ウナギのレシピはこちら
※キーワード検索で「ウナギ」と入力してください。

 

もう一度おさらいで…
今夏の「土用の丑の日」は7月21日と8月2日です。

ぜひ、今年は、お家で夏の風物詩を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

【関連リンク】
JFおさかなマルシェギョギョいち
プライドフィッシュ公式サイト

  • JF全漁連編集部

    漁師の団体JF(漁業協同組合)の全国組織として、日本各地のかっこいい漁師、漁村で働く人々、美味しいお魚を皆様にご紹介します。 地域産業としての成功事例や、地域リーダーの言葉から、ビジネスにも役立つ話題も提供します。 SakanadiaFacebook

    このライターの記事をもっと読む

関連記事

「第2回おうちでFish-1グランプリ―ON LINE―」投票結果!グランプリは、やまろ渡邉(JF おおいた)「鯛のごまだれ漬け丼」と、JF佐賀げんかいの「イカのオイル漬け ネギ塩風味・レモン風味」

JF全漁連は、国産水産物の消費拡大・魚食普及のため、「第2回おうちでFish-1グランプリ―ON LINE―」を新型コロナウイルス感染症拡大の影響によりオンラインで11月1日(月)~11月30日(火)

JF全漁連編集部