カニクリームシチューのカニポットパン

冬の味覚! 日本人が大好きなカニ

福井県のプライドフィッシュ「越前がに」https://www.pride-fish.jp/JPF/pref/detail.php?pk=1433472380(プライドフィッシュ公式WEBサイト)

冬になると「カニ漁解禁」のニュースを耳にしますね。日本海のズワイガニなどは、資源保護のために冬の限られた期間だけ漁を行います。とても貴重な冬の味覚です。
ホクホクとした食感とジューシーな身、うま味たっぷりのミソの部分もとても濃厚で美味しいですね!
実はこのカニ、美味しいだけでなく、栄養もたっぷりつまっています。カニは、血液中の正常な赤血球を作るために必要なビタミンB12と、抗酸化作用をもつビタミンEが豊富です。また、高タンパク・低糖質・低カロリーなのも特徴です。
今回はそんなカニを使った、シチューポットパンのレシピをご紹介します!
カニの形をしたパンの中にカニシチューをたっぷり入れて、まるでカニの甲羅焼きのような贅沢なパンを作っちゃいます。パン生地には仕込み水の変わりにトマトジュースを使って、カニの赤色風に。さらに、カニの旨味がたっぷり詰まったホワイトソースには低糖質のアーモンドミルクを使用しました♪

*    *    *

≪レシピ≫カニクリームシチューのカニポットパン

【材料】
●《カニのクリームシチュー》※カニのパン4個分に入れる

  • カニのほぐし身…100g
  • 玉ねぎのみじん切り…1/2個分
  • オリーブオイル(orバター)…30g
  • 白ワイン…大さじ1
  • 米粉…40g
  • アーモンドミルク…350g
  • コンソメ…小さじ1
  • 塩…適量
  • コショウ…少々
  • スライスチーズ…1枚
  • ●《カニパン生地》4個分

  • 強力粉…280g
  • 全粒粉…20g
  • てんさい糖…15g
  • とかちの酵母(ドライイースト菌)…3g
  • ぬるま湯…50㏄
  • トマトジュース…120㏄
  • 塩…4g
  • オリーブオイル…15g
  • ●《飾り》

  • スライスチーズ
  • 海苔
  • チョコソース
  • *    *    *

    【作り方】
    ●《カニのクリームシチューの作り方》

    カニのクリームシチューの材料一覧

    (1)フライパンを温めてオリーブオイルと玉ねぎのみじん切りを入れてよく炒める。

    (2)弱火にして米粉を入れなじませ、粉っぽさがなくなったら、白ワイン、アーモンドミルクを少しずつ入れ、なめらかにします。

    (3)カニのほぐし身を加え、中火でトロリとするまで煮ます。塩こしょう、コンソメで味を調整します。

    (4)ラップを敷いたバットに移して冷ましておきます。

    ●《カニパン生地の作り方》

    カニパン生地の材料一覧

    (5)イースト水を作ります。36℃位のぬるま湯に酵母を溶かして常温で15分ほど置いておきます。酵母を目覚めさせます。ブクブクと泡立ってきます!

    (6)ボールに強力粉と全粒粉を計量し、軽く混ぜます。てんさい糖と塩を計量して粉の上に置きます。(5)のイースト水をてんさい糖のところに入れて混ぜます。ある程度まとまったらオリーブオイルを加えて滑らかになるまで捏ねます。

    (7)ラップをして30分ほど1次発酵。
    2倍くらいの大きさになったら4分割して丸めなおし、濡れ布巾とラップをかけておきます(ベンチタイム)。

    (8)生地をカニの形に成型をします。足を8個、ハサミ部分を2個、目玉を2個を小さく分割します。カットしたクッキングシートの上に乗せ、オーブンの天板上で約20分2次発酵。

    ▼(8)の生地をカニの形に成形する方法を動画でご紹介♪ 参考にしてみてください♪

    (9)生地を焼成します。ガスオーブン…約190℃13分間。電気オーブン…約200℃15分間。

    (10)お腹の部分の上から約1/4程度のところでカットし、ふたとポットのパーツに分けます。ポットになる部分の縁を1cm弱程度残して、包丁で切り込みを入れます。切り込みに沿って、スプーンなどで中のパンをくり抜きます。

    (11)底にスライスチーズを敷いて中にシチューを入れ、オーブンで軽く焼きます。

    (12)スライスチーズ、海苔、チョコソースで目や口をつけたら出来上がり~♪

    カニの足やハサミの部分をちぎってシチューをつけながらワイワイ楽しんでお召し上がりくださいね!

    自然食育 アドバイザーRinoの食材豆知識💗アーモンドミルク

    アーモンドミルクとは、アーモンドを水に浸し、砕いて絞ったもの。
    乳白色ですが、乳成分は一切含まれてないので、牛乳を控えている方や大豆アレルギーの方にもおすすめです。そのまま飲んでも、料理やお菓子に入れてもOK。アーモンドの栄養を丸ごと摂ることができます。

    アーモンドミルクは牛乳や豆乳よりも低カロリー。さらに低糖質でコレステロールもゼロなので、生活習慣病予防におすすめです。また、食物繊維が多く含まれているので、お通じ改善も期待できます。

    アーモンドミルクには抗酸化物質のビタミンEが豊富に含まれますので、コップ1杯で1日に必要な目安量を十分に摂ることができます(1日の摂取量はコップ1杯分約200mlが適量です。摂りすぎに注意)。ビタミンEは脂溶性ビタミンなので、油に溶けた状態の方が吸収しやすいです。今回ご紹介した「カニクリームシチューのカニポットパン」のようにお料理に活用するなど、食事と一緒に摂ることをおすすめします。

    アーモンドミルク以外にも、最近は豆乳・オーツミルク・ライスミルクなど植物性ミルクが手に入りやすくなってきています。それぞれ味や効果が異なるので、ぜひ自分のお気に入りを見つけてくださいね!

    By Rino

    安心安全で身体に優しいお料理&美味しくて可愛いスイーツやパンのレシピなど、情報発信中💕

    ▶公式ブログ:ナチュラブフードでハッピーな暮らしのお手伝い

    ▶Instagram:https://www.instagram.com/angelino_rino/

    ▶Facebook :https://facebook.com/natuloveangelino/

    • 小澤紀子・Rino (こざわ のりこ・りの)

      『Studio Angelino』『mamakotoカフェ』オーナー。自然食育アドバイザー認定講座講師。ウエディングプロデューサー。   【美と健康をつくる旬魚 de 楽しく美味しくHappy Life~♪】   こんにちは!美味しい物と可愛い物を作り出しみんなの笑顔を見ることが大好きな自然食育アドバイザー講座 講師のRinoです。   「ハレの日お魚料理」では、月に1回、いつもよりすこしだけ特別な材料で、いつもよりすこしだけ手間をかけて、心も体も美しく健康にしてくれるお魚レシピをご紹介していきます! 自然食育アドバイザーRinoが教える、食材の豆知識もお楽しみに♪   日本には四季折々、旬の食べ物がた~くさんありますね。 旬の物を食べることで、季節を感じたり、美的感覚をも養うことができます。 なかでもお魚は、サワラと言ったら春!、サンマと言ったら秋!など、旬を感じやすく、四季の食卓を彩ってくれます。 そして、日本の漁師さんたちが環境や資源を大切にしながら獲ったお魚は、食材にこだわる自然食レシピにもってこいです。   悲しいことに、日本人の魚の消費量は年々減っているそうです。 ヘルシーで栄養豊富なお魚を食事に取り入れることは、美容と健康へのメリットがたくさんあります。 それに、工夫次第でがっつりメニューにも変身するお魚は、普段はお肉派の人にもおすすめですよ~。 大切な日本の食文化と食材の魅力を見つけていきたいですね!   ワクワクする、楽しくて、可愛くて、美味しいオリジナルのレシピを、私らしくお届けしていきたいと思っています💕   【略歴】 横浜生まれ。今年26歳と14歳になる2人の息子のシングルマザー。実は、2度の結婚、2度の離婚を経験。 幼稚園教諭、大手料理教室マネージメント、ウエディングプロデュース等、様々な経験を経て2011年3月にキッチンスタジオ『Studio Angelino』をオープン。 2014年より、食材にこだわり安心安全な食を伝える人材育成のため、「自然食育アドバイザー認定講座」を開設。 2015年には、子育て世代が安心して利用できる場所とお料理を提供する「Mamakotoカフェ」を開設。 そのほか、朝活料理レッスンなど、食にこだわり心と体の健康に寄り添った企画を多数実施中。 ※2020年12月より改装工事中。リニューアルオープンは2021年7月予定。   安心安全で身体に優しいお料理や、美味しくて可愛いスイーツやパンのレシピ研究に邁進中! 公式ブログ:ナチュラブフードでハッピーな暮らしのお手伝い Instagram:https://www.instagram.com/angelino_rino/ Facebook :https://m.facebook.com/natuloveangelino/

      このライターの記事をもっと読む

    関連記事

    シラスと夏野菜の米粉フォカッチャアート~夏休み!親子で楽しく、レッツ!クッキング♪

    「シラス」は、みなさんの食卓に一度は上ったことのあるお魚ではないでしょうか。本来「シラス」とは魚の稚魚全般を指す呼び方ですが、私たちが食卓で目にする「シラス」は、一般的にカタクチイワシの稚魚です。 春

    小澤紀子・Rino (こざわ のりこ・りの)