JF徳島漁連が職域接種を実施。1400人に新型コロナワクチン接種

徳島県漁業協同組合連合会(JF徳島漁連)のコロナ対策への活動をご紹介します。

*    *    *

JF徳島漁連は、新型コロナワクチン職域接種を実施しました。
7月(8日、9日、11日)に1回目の接種、8月(5日、6日、10日)に2回目の接種を実施。漁業者やその家族、漁協の関係者、徳島市中央卸売市場の水産流通業者など1400名※が接種を受けました。
※2021年8月時点の接種人数です。

JF徳島漁連の久米順二会長は「漁業関係者、市場流通関係者の多くが新型コロナワクチンの接種を完了し、徳島県の豊かな海産物を安心・安全のもと消費者に届けられるように取り組んでいく」とコメントしました。

 

 

関連記事

「第2回おうちでFish-1グランプリ―ON LINE―」投票結果!グランプリは、やまろ渡邉(JF おおいた)「鯛のごまだれ漬け丼」と、JF佐賀げんかいの「イカのオイル漬け ネギ塩風味・レモン風味」

JF全漁連は、国産水産物の消費拡大・魚食普及のため、「第2回おうちでFish-1グランプリ―ON LINE―」を新型コロナウイルス感染症拡大の影響によりオンラインで11月1日(月)~11月30日(火)

JF全漁連編集部