長崎県漁青連と長崎県研究3機関との意見交換会を実施

この情報は、長崎県漁業協同組合連合会(JF長崎漁連)からの提供です。今回は、長崎県内のJF(漁協)青壮年部で構成された長崎県漁青連の活動をご紹介します。
この活動は次年度も予定されています。

*    *    *

長崎県漁青連の役員と研究3機関である「国立研究開発法人 水産研究・教育機構」「長崎大学環東シナ海環境資源研究センター」「長崎県総合水産試験場」が意見交換会を行いました。
今年はコロナの影響を受けリモートでの開催となりました。事前に漁青連役員より聞きたい・意見交換を行いたい議題を投げかけ、当日研究3機関よりそれぞれの議題に対し発表を行いました。

 

議題としては、①水産業におけるSDGsの取り組みについて、②海洋プラスチック関係について、③藻場による二酸化炭素吸収と磯焼け対策について、④アジ、サバ、イワシ、イカの資源状況について、⑤長崎県のトビウオ類未成魚(小トビ)の漁況について、⑥漁海況、資源予測情報の活用についての6点です。

長崎県漁青連の事務局のコメント
「今回の意見交換会では、特に近年問題視されている「海洋プラスチック問題」「磯焼け対策」について活発な意見交換が行われました」

*    *    *

長崎県漁青連のSakanadia関連記事
長崎さかな祭り~青年部の活躍をレポート~

長崎県漁青連 平山顧問(全国漁青連 顧問)Sakanadia関連記事
JF全国漁青連が東京・練馬区立春日小学校で出前授業—今年で5年目

▶JF全国漁青連WEBページJF全漁連WEBサイト内)

関連記事

「第2回おうちでFish-1グランプリ―ON LINE―」投票結果!グランプリは、やまろ渡邉(JF おおいた)「鯛のごまだれ漬け丼」と、JF佐賀げんかいの「イカのオイル漬け ネギ塩風味・レモン風味」

JF全漁連は、国産水産物の消費拡大・魚食普及のため、「第2回おうちでFish-1グランプリ―ON LINE―」を新型コロナウイルス感染症拡大の影響によりオンラインで11月1日(月)~11月30日(火)

JF全漁連編集部